脊椎外科(腰痛外来)

 理事長の専門のひとつが脊椎疾患です。千葉大学大学院では難病疾患に指定されている脊椎後縦靱帯骨化症(OPLL)の発生原因について研究をしました。仏国、パリSalpetriele病院に留学し、脊椎外科の研修も行いました。現在は特にブロック療法(硬膜外ブロック、仙骨裂孔ブロック、神経根ブロック、星状神経節ブロック)などを用いた徹底的な保存治療を行っています。当院の腰椎椎間板ヘルニア患者さんの9割は手術をしない治療で改善します。入院治療や手術が必要な患者様には病診連携をとっている提携病院に紹介します。当院にはMRIも装備しておりますので、診断も確実に早期に行うことが可能です。さらに、確定診断に基づいて腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、腰椎分離すべり症といった疾患別に分けて治療方針の決定を行います。
 リハビリでは理学療法士が医師の診断と患者様個々の症状に基づいた機能評価を行い、患者様個々にあった治療プログラムを立案しています。また、当院にはトレーナーが常駐し、痛みの改善や予防のために身体能力の向上のトレーニングを行っています。 当院では症状の改善のみではなく、予防医学にも力を注いでおります。その一つとして患者さんを対象 とした腰痛教室・骨粗鬆症教室などを随時開講しています。

 

足の外科

 足は人の直立二足歩行において、足底接地により人体と地面との荷重負荷をはじめに伝達する運動器であり、体を支える重要な機能を担っております。したがって、スポーツ活動や加齢に伴う様々なタイプの運動器疾患や機能不全、外傷を生ずる可能性を秘めています。当院ではこれら足部疾患に対して、装具療法や理学療法士を中心としたリハビリテーションによる保存療法を施行し、保存療法に抵抗する疾患に対しては、手術療法で対応しております。手術は足関節鏡を使用した鏡視下手術を中心に、足関節靭帯再建術、外反母趾や関節リウマチ足部変形などに対する骨切り手術を施行しております。

 また、美浜クリニック院長は千葉大学病院、千葉県こども病院において先天性内反足や二分脊椎をはじめとする生まれつきの足の変形に対して多くの治療実績があります。発育の途中で見られるこどものO脚、X脚変形や内旋歩行の異常に対して保健所での療育相談の経験や研究論文も多く記述されています。こどもの足のトラブル全般に造詣が深く、丁寧に対応されています。現在は、成人の方に対して足に障害を持った身体障害者の方々に靴型装具や短下肢装具の処方も公的な判定機関において行っております。

 

 

各運動器別(脊椎・肩・膝・股・足・手・リウマチ)に専門医による診療を予約制で行っております。
大病院に遜色のない高度な医療提供を行っております。

 

 

病診連携とは、一般的にはかかりつけ医が特別な検査や治療が必要だと判断した場合、
先進医療機器を備えた医療を行っている医療機関へ紹介し、連携することを指します。

 

 

 

 

『受診・診察に関するお問い合わせに関しては、直接お電話下さい』

TEL 043-207-6600

受付時間:平日
9:30〜18:30

FAX 043-207-6611

受付時間
24時間受付