HOME | makuhari | 幕張設備紹介

施設 設備紹介

手術室

手術室

幕張クリニックでは、3部屋の手術室があり、第1手術室はクラス100のクリーンルームで、安心して手術を行えます。第2・3手術室でもクラス1000のクリーン度の高い手術室となっております。また、オートクレーブ、ステラッド滅菌機など最新の装置を導入しております。 
 
 

MRI外観

超伝導型MRI

大学病院や大病院と同等の非常に強い磁石と電波を利用して人体の様々な断面を撮像する検査です。X線を使用しませんので被爆の危険性がありません。レントゲン検査では見ることのできない椎間板ヘルニア・膝半月板損傷などの診断に威力を発揮します。(予約制)
*MRIは美浜クリニックにも完備しています。

CT外観

CT

大学病院などと同じ16列マルチスライスCTを導入しています。X線画像をコンピューターで画像構成することにより、輪切りの画像 や3D化が可能な機器です。多方向からの観察や手術計画などの詳細な情報を得ることができます。
腰椎分離症や骨折等の診断に威力を発揮します。(予約制) 
*CTは稲毛クリニックにも完備しております。

骨塩定量機外観

骨塩定量機

骨粗鬆症の診断に不可欠です。骨粗鬆症発生時に、特に骨折のリスクの高い腰椎・大腿骨頚部の骨量測定が短時間かつ高精度に測定できるトップモデルの機種を導入しています。

筋電図外観

筋電図

疾患の本態が筋肉そのものなのか、それとも神経に起因するものなのかを突き止めるための検査です。

超音波検査装置外観

超音波検査装置

超音波を患部に当ててその反響を映像化することで、患部の内部状態を非破壊的に調査することができます。

動脈硬化測定機外観

動脈硬化測定機

動脈硬化症の程度を測定する機械です。無侵襲で無痛に5分くらいで測定が可能です。

体脂肪率測定機外観

体脂肪率測定機

身体の脂肪率、筋肉の比率を部位別に定量的に測定します。8極測定なので正確な数値がでます。トレーニングの目安にして下さい。(無料です)

リハビリテーション室外観

リハビリテーション室

各運動器別専門外来にあわせて理学診療部においても各運動器・患者個々にあわせた運動機能評価・リハビリテーションプランの立案をし、実施計画に基づいたリハビリテーションを行っております。

スタジオ

260㎡リハビリ室には多種のリハビリ機器、最新のトレーニングマシンを完備しています(運動器リハビリテーション施設基準)。
広々としたスタジオでは各疾患に応じた運動療法指導を実施しております。