HOME | 北千葉整形外科特長 手術

当院の特長

専門医による手術

各運動器別(脊椎・肩・膝・股・足・手・リウマチ)に専門医による診療を予約制で行っており、専門の担当医が執刀するため大病院に遜色のない高度な医療提供を行っております。又、病診連携を充実させております。病診連携とは、一般的にはかかりつけ医が特別な検査や治療が必要だと判断した場合、先進医療機器を備えた医療を行っている医療機関へ紹介し、連携することを指します。

手術室の特徴

 当院における手術の特徴はスポーツに関連する疾患、足の外科疾患、脊椎疾患、膝関節疾患、手の外科疾患と5つに分けられます。
 スポーツ関連の疾患には「前十字靭帯損傷(ACL)」、「膝半月板損傷」、「オスグッド病」、「第5趾中足骨骨折」、などがあげられます。以下は代表的な前十字靭帯損傷・半月板について記します。

 前十字靭帯損傷

前十字靭帯は大腿骨と脛骨を結ぶ強靭な靭帯であり、膝関節の安定を保つ支持機構です。脛骨が前方へ変位(ずれる)することを防ぐためで急激な方向転換、外力による自分の意志とは違う方向に関節が曲がるなどにより損傷します。手術は損傷した靭帯を自身の腱(半腱様筋腱)の一部と人工靭帯により再建します。手術はカメラで膝の中を観察して、前十字靭帯・半月板などの評価をします。その後、膝内を再建する為の環境を整えて半腱様筋腱と人工靭帯で2本代用靭帯を作り、前内側繊維束と後外側繊維束の2方向に骨に穴をあけて、作った代用靭帯を移植します。手術時間は大凡3時間程度、2017年の手術件数は75件です。

 
 

 膝半月板損傷

半月板は膝関節腔にある軟骨組織で、内側・外側となっており三日月に近い形をしています。役割は滑らかな動きを助ける重要な役割(荷重の伝達分散、関節安定性の寄与、潤滑の補助)を果たします。半月板の血行は周辺部の10-20%程度しかないため自然治癒が困難で手術が必要となります。手術はカメラで膝の中を観察してACL、半月板の評価をします。その後、半月板の状態と患者様の背景により縫合・切除を執刀医が決定します。手術時間は1-2時間程度、2017年の手術件数は120件。

 
 

 外反母趾

足の親指(母趾)が外側に曲がった変形(外反)を示す病態です。手術は中足骨を骨切りして矯正、ワイヤー・スクリューなどで固定します。母趾以外にも変形・痛みがある場合はその指に対しても同様の手術を行います。 
 

 腰椎椎間板ヘルニア

背骨(脊椎)は、頭蓋骨の下から頸椎(7個)、胸椎(12個)、腰椎(5個)が縦に並んでいます。その骨同士の間にはクッションのようなものがあり、これが椎間板です。椎間板は、「つぶしたあんパン」のような形をしています。加齢などによって「あんパンの餡子」が外に出てきてしまった状態が、椎間板ヘルニアです。その結果、腰椎椎間板ヘルニアではその周囲にある神経を刺激して、主に脚のしびれ、痛みや筋力の低下をひきおきします。状況によっては尿が出なくなるなどの排尿障害を来すこともあり、緊急手術が必要となることもあります。
 腰椎椎間板ヘルニアの手術は、神経の周囲(後方)にある骨を少し削り、神経をよけてヘルニアを取り出します。

 
 

 脊柱管狭窄症

脳から背骨(脊椎)の中を通って、神経は下に降りてきます。その神経の通り道が脊柱管です。脊柱管は背骨、椎間板、靱帯(黄色靱帯)によって構成されています。加齢などによって椎間板はつぶれてきて拡がります。また靱帯は厚くなってきます。その結果、神経の通り道である脊柱管は狭くなってしまいます。すると中を通っている神経が圧迫されるようになり、主に脚のしびれや痛み、筋力の低下を引き起こします。腰部脊柱管狭窄症の症状で特徴的なのが、歩行していると徐々に脚の症状が出て歩けなくなる現象です。これを間歇的跛行といいます。ひどくなると、排尿障害や股間にしびれ・灼熱間を感じるようになります。
腰部脊柱管狭窄症の手術では、厚くなった靱帯などを取り除き、脊柱管の面積を広げてあげることによって、神経への圧迫を取り除きます。また背骨同士に「がたつき」がある場合、それも抑える必要があります。この場合はスクリューなどを併用して脊椎固定術を行います。
腰部脊柱管狭窄症の病態は、千差万別です。私達は、患者様の病態を充分に把握し、最も適した手術法を提案するよう、努力しております。

 

 変形性膝関節症

膝関節内にある軟骨がすり減ったり、なくなって膝の形が変形して、痛みや腫れをきたす状態となります。進行すると軟骨のすり減りにより関節の表面がデコボコになり滑らかな動きが障害され運動痛・可動域制限となり起立・歩行に大きな影響をあたえ、生活の質(QOL)が低下していきます。手術は大腿骨・脛骨に人工のインプラントを入れて行います。プレカット法(大腿骨後顆を通常の骨切り量よりも少なく切ることにより骨棘の除去、拘縮した後方関節包の展開がしやすくすること)を考案した医師により通常の手術と違い、より患者様の膝の状態に合った手術内容となります。手術時間は2-3時間程度となり、2018 年7月より当院では行われてます。

 
 
 手の外科は「ばね指」「手根管症候群」「橈骨遠位端骨折」「舟状骨骨折」など多岐にわたる症例を手術しています。その中で「ばね指」「手根管症候群」を紹介します。

 ばね指(段発指)

指は腱により曲げる・伸ばす事ができます。曲げるほうの腱(屈筋腱)は腱の浮き上がりを防ぐトンネル(靭帯性腱鞘)があります。この腱自体、若しくはトンネルが炎症し肥大すると、腱が通る際にトンネルへの通過障害が起こり、引っかかってしまいます。症状としては痛みや指がスムーズに動かないことがあげられます。まずは注射で経過をみて改善されなければ手術になることもあります。手術はトンネルの一部を切開して指の曲げ伸ばしをスムーズにします。

 
 

 手根管症候群

指の神経に親指から薬指までの感覚を支配しているのを正中神経といいます。この正中神経は手関節の部分で神経を覆っているのを手根管(屈筋支帯)といいます。正中神経が屈曲支帯の炎症により圧迫され、手指のしびれ・痛み、親指の脱力となります。手術は屈曲支帯の一部を切開して正中神経を開放します。

 

手術室

手術前室        中央材料室

 

 

第1OPE室


 

第2OPE室       第3OPE室