HOME | 部門紹介 | 検査部紹介

検査部

検査部のご紹介

当院は稲毛クリニック・美浜クリニック・幕張クリニックの3つの施設に分かれ、現在10名の診療放射線技師が在籍しています。
現代医療において画像診断は医師の診断や治療の一助となっているため、私たち検査部は「最良の画像情報を提供する」を部の理念とし日々業務にあたっています。
 

検査部の行動理念

最良の画像情報を提供する 

検査部の活動方針

患者様に対し、安全・安心な検査に努めること
専門職としての自覚を持ち、知識・技術の向上に努めること
医療被ばくの低減に努めること 

検査部の取り組み

当院は整形外科単科の診療所ではありますが、大病院に引けを取らない装置(1.5テスラのMRICT、骨密度測定装置、エックス線TV、回診用エックス線装置、外科用3D-Cアーム、超音波装置等)を導入しております。また、患者様のためになる最良の画像を医師に提供し、安心して適切な治療を受けられるように日々技術と知識の向上に努めています。
 
所属スタッフ
・常勤放射線技師9       ・非常勤放射線技師1 

検査部FAQ

Q:何回もレントゲンの検査を受けていますが大丈夫ですか?
A:一度に放射線を大量(1000ミリシーベルト)被ばくすると障害を起こす恐れがありますが、一般的なレントゲン検査は少量ですので心配はいりません。
(参考)検査別被ばく線量
胸部のレントゲン検査:0.3mGy
腰椎のレントゲン検査:5mGy
膝のレントゲン線検査:0.3mGy
手のレントゲン検査:0.1mGy
 
Q:子どもがレントゲンの検査を受けても大丈夫ですか?
A:子どものレントゲン検査の場合、必要最小限の範囲をできるだけ少ない線量で撮影します。また、生殖腺が直接被ばくしないように鉛のプロテクターを使用するので、被ばく線量は少なくエックス線による影響を心配する必要はありません。
 
Q:MRIとCTの違いは?
ACTはエックス線を使いMRIは磁力を使います。この違いからそれぞれにメリットとデメリットがあります。
CTのメリットは短時間で広い範囲の撮影ができます。検査時間は約5分程度です。デメリットとしてはエックス線を使うので被ばくがあります。
MRIのメリットは磁力を使い撮影するのでエックス線による被ばくがありません。デメリットとしては撮影時間が長く30分程度時間がかかり一度に多数の部位を撮影することができません。そして、撮影のあいだは狭い空間に長時間動かずにいる必要があるので閉所恐怖症の方には不向きです。また、磁力を使用するので金属を身につけている人やペースメーカーが入っている人は検査を受けることができません。
どちらのほうが優れているかということはなく、検査部位や患者様の状態により使い分けます。