バネ指

ばね指とは

指を曲げたり伸ばしたりするときに、指が引っかかる疾患です。これは腱鞘(腱が通るトンネルのようなもの)が膨らみ腱の通り道が狭くなることや、腱が太くなり腱鞘を通りにくくなることで起こります。スポーツ・仕事で指を多く使う方や更年期・妊娠出産期の女性に多く発症します。また糖尿病やリウマチの方にも発症しやすいと言われています。

 
 
                                              

ばね指の診断

ばね指は骨に異常を起こしていないためレントゲンでは診断ができません。そのため、医師による検査で症状の出ている指や手の熱感や腫脹、圧痛の有無を確認することで診断を行います。また、指の動きに伴う引っかかり感も診断をする上で重要な所見です。
※レントゲン上ではばね指の診断はできませんが、骨に異常がないかを確認するために当院では念のためレントゲン撮影を行います。

ばね指の症状                                                                                                       

○指の付け根を押すと痛む。
○指の曲げ伸ばしに伴い、指が引っかかる。
ばね指の症状は起床時に強く見られることが多いです。

 

ばね指の治療方針 保存療法

痛みの出ている部分の安静
痛いところは腱が炎症を起こしています。
炎症を抑えるために、無理に動かさないことが必要です。
※場合によっては固定することもあります。
腱や腱鞘のストレッチ
硬くなってしまった腱や通り道が狭くなった腱鞘のストレッチを行います。
ストレッチを行うことで腱の滑走を良くし、引っかかり感を取り除きます。
ステロイド注射
炎症部位に、消炎・鎮痛作用のあるステロイド注射をして炎症を抑えます。

 

ばね指の治療方針 手術療法

○何度も繰り返し起こってしまう。
○保存療法を行っても改善しない。
上記の場合は手術をすることがあります。
当院での手術方法
引っ掛かってしまうトンネル部分である腱鞘を切開します。
腱鞘切開後も改善しない場合は、腱の一部を切除することもあります。

 
 
日本手外科学会 「手外科」シリーズより