変形性股関節症

変形性股関節症とは?

股関節の軟骨や骨が擦り減り、主に足の付け根やお尻に痛みを感じて、歩行障害を生じる病気です。
原因は加齢や肥満などとされていますが、特に女性に多いとされる生まれつきの股関節の発育不全(先天性股関節脱臼、臼蓋形成不全など)から二次的に発症する場合が約80%と言われています。
 

変形性股関節症の症状

足の付け根やお尻に痛みを感じることが多いですが、太ももなどの痛みを訴える人もいます。
初期には運動開始時や長く歩いた後にだるさや痛みを感じ、進行すると安静時にも痛みを感じたり、股関節の動き硬さを訴えたりします。
やがて日常生活でも不便を感じるようになり、股関節を深く曲げる足の爪切りや靴下の着脱などの動作に支障をきたします。

 

変形性股関節症の診断

医師による触診、レントゲン撮影、MRICTなどの断層写真などで総合的に判断します。
特に腰椎(腰骨)の病気(腰椎椎間板ヘルニアなどがあります)が原因となる神経痛が同様の症状を起こすことがあり、鑑別が重要です。

 

変形性股関節症の治療

初期には、薬物療法やリハビリ療法が選択されます。お薬によって、患部の炎症を抑え、痛みを軽減させます。リハビリでは、運動療法による筋力強化やストレッチ指導などを行い、痛みを軽減させたり進行を遅らせたりします。
また、患部を温めるなどさまざまな機械を使って行う物理療法も、痛みを軽減する効果的なリハビリの方法とされます。
さらに、日常生活での工夫を指導することで、円滑な社会生活を促進させます。
しかし、進行すると上記の方法では改善が乏しくなり、手術を選択することがあります。この場合、変形した股関節をそっくり人工の関節に置き換える手術(人工股関節置換術)が主なものとなります。