アキレス腱断裂

アキレス腱断裂とは

ふくらはぎの筋肉とかかとの骨をつなぐ太い腱をアキレス腱と呼びます。アキレス腱断裂とは、その一部または全てが切れてしまうことです。受傷好発年齢は30〜40歳代ですが、50歳以上の年齢層でも受傷することがあります。若年層では主にスポーツ活動中のジャンプやダッシュなどでアキレス腱に強い力がかかったときに起こります。高齢層ではスポーツ活動以外の日常動作による受傷が多くを占めます。

アキレス腱断裂の症状

受傷直後は受傷肢に体重をかけることができずに転倒したり、しゃがみこんだりしますが、しばらくすると歩行可能となることも少なくありません。 しかし、歩行が可能な場合でもつま先立ちはできなくなるのが特徴です。
アキレス腱が断裂していても足首(足関節)は動かすことは出来ます。
 

アキレス腱断裂の診断

アキレス腱断裂の特徴として、アキレス腱部に皮下の陥凹(へこみ)や、同部の圧痛があります。また、うつ伏せで膝を直角に曲げた状態でふくらはぎを強くつまむと、正常な足関節は底屈します (Thompson テスト)が、アキレス腱が断裂するとこの底屈がみられなくなります。

ほとんどの場合、通常のX線(レントゲン)検査では異常を認めません。超音波検査(エコー検査)やMRI検査を行うことにより診断の精度を上げることが出来ます。

アキレス腱断裂の治療方針

治療は、手術を行わずにギプスや装具を用いて治療する「保存治療」と、断裂したアキレス腱を直接縫合する「手術治療」があります。

保存療法

保存療法のメリットとしては手術による侵襲がないことです。ギプスや装具を用いてアキレス腱に負担がかからないようにします。治療を開始して、約3ヶ月で正常な歩行が可能になり、約6ヶ月以降でスポーツへの復帰が可能になります。長期的には手術療法群との有意差はありません。
 

手術療法

手術療法のメリットとしては治療中の再断裂が少ないことであり、早期社会復帰や早期スポーツ復帰を希望される場合に選択される治療法です。アスリートの方の場合、早期からのリハビリを行うことにより、筋力や可動域などの機能低下が少なくて済みます。
手術後はアキレス腱への負担を減らす装具を使用し、手術後約2ヶ月で正常な歩行が可能になり、約6ヶ月以降でスポーツへの復帰が可能になります。