頚椎の疾患

主な頚椎の病気


(頸椎を側面から見た図)

頸椎に起因する疾患はいろいろありますが、主な疾患としては、
 ➀頸椎症性神経根症
 ②頸椎椎間板ヘルニア
 ③後縦靱帯骨化症
 が挙げられます。
 
 頸椎(骨)は脳から下りてくる頸髄(神経)を取り囲んでいます。
 頸椎の骨同士は椎間板や後縦靱帯などで結ばれています。
 各頸椎レベルから左右に一対ずつ神経が出て腕に向かっています。
 この神経を神経根といいます。

➀頸椎症性神経根症

椎間板や骨の加齢に伴う変化や、姿勢不良、繰り返される頸椎へのストレスなどから、脊髄からわかれて腕へ行く神経根が圧迫されたり刺激を受けて起こります。

②頸椎椎間板ヘルニア

頸椎をつなぐクッションの役割をしている椎間板が、加齢変化、姿勢不良、繰り返される頸椎へのストレスなどにより、後方に出て神経を圧迫します。3050歳代に多く、しばしば誘因なく発症します。神経根の圧迫、脊髄の圧迫あるいは両者の圧迫が生じます。

③後縦靱帯骨化症

頸椎と脊髄の間には後縦靱帯が存在し、それぞれの骨に適度な動きと安定性をもたらしています。後縦靱帯が分厚くなって骨に置き換わってしまう疾患が後縦靱帯骨化症です。その結果、神経の通り道が骨によって狭くなり、頸髄や神経根が圧迫されて症状が出現してきます。

症状

共通する症状

・首、肩甲骨周囲、前胸部の痛み
・首の動かしにくさ
・腕から手にかけての痛みやしびれ
・手や腕の力の入りにくさ
・手の細かい動作のしにくさ など

頸椎症性神経根症

・症状は脚に及びません
・上を向いたり、首を捻ると症状が出ることが多いです。
 例)うがいをすると腕がしびれる など

頸椎椎間板ヘルニア・後縦靭帯骨化症

・症状が重度な場合、脚に症状が出ることもあります。 
例)歩いていると足がもつれる など

診断

画像診断

画像診断にはレントゲン、MRICTを用います。検査方法によっていろいろな病態が明らかになります。
MRIは神経や筋肉など軟らかい組織を鮮明に写し出すことに優れています。それぞれ得意分野があります。

 

(頸椎症性神経根症 CT) 
 

(頸椎椎間板ヘルニア MRI)
 

(後縦靱帯骨化症 CT)

徒手検査

頸椎の神経の状態、神経の末端にある筋肉の力(筋力)、神経がつかさどる感覚異常の有無などを検査します。

保存療法

急性期

急性期は、何もしていない状態でも痛みやしびれが生じている場合があります。
この時期は、
 1)頸椎カラーによる固定
 2)内服薬
 3)点滴やブロック注射
 4)物理療法(電気治療など)
 5)症状が楽な頸椎の位置を探すこと
 6)症状が楽な環境づくり(パソコンを使う椅子の高さを調節するなど)
などを行います。上記の46は理学療法士がお手伝い致します。

急性期以降

急性期以降は、
 1)内服薬
 2)外用薬
 3)頸椎にストレスのかかりにくい姿勢づくり
 4)頸椎にストレスのかかりにくい動作の練習
 5)ストレッチ
 6)筋力トレーニング
などを行います。上記の36は理学療法士やトレーナーがお手伝い致します。

手術療法

保存療法を行っても効果がみられなく、日常生活にも大きな支障をきたしている場合、手術療法を選択する場合もあります。
また、下記の様な症状が急に進行した場合も手術を検討します。

注意すべき重篤な症状

膀胱直腸障害

・ 排尿、排便のコントロールがきかなくなります。
・尿意を感じにくくなる場合があります。

急激に進行する筋力の低下(運動神経麻痺)

・手や脚の力が急に入りにくくなります。
・バッグが持てなくなるなど。
 
手術方法は、病態によって異なります。手術をした後も、日常生活や仕事、スポーツにおいて支障がないよう、また再発しないようにリハビリを行います。