脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症は中高齢者の方々に起こりやすい疾患です。脊柱管とは脊椎・椎間板・靭帯などで囲まれた神経が通るトンネルです。
加齢変化に伴い脊柱管は狭くなり、神経が圧迫される事で症状が出現します。

 

脊柱管狭窄症の診断・検査

腰部脊柱管狭窄症の検査には単純X線(レントゲン)とMRIを用います。
レントゲンでは形態的な以上や腰椎の不安定の有無などを評価します。
レントゲンだけでは診断が困難な場合にMRIを使い、より詳細に神経圧迫の有無やその重症度を判断します。その他CT撮影や造影剤を用いた検査を実施する場合もあります。
画像検査に加えて感覚検査、筋力検査など臨床症状を元に腰部脊柱管狭窄症が診断されます。

 

脊柱管狭窄症の主な症状

間欠性破行

歩いていると太ももやふくらはぎの痛み・しびれが出現し、しばらく休むと症状が落ち着きまた歩き出す事ができます。休んでいる時は症状が無く、動き出すと症状が出てくる事が特徴です。
 
※こんな症状は要注意※
・膀胱直腸障害(肛門周囲のしびれ、排便・排尿の失敗、尿意・便意を感じない、等) 
・下半身の筋力低下
・歩行が不安定になる
 
これらの症状が出現すると手術の適応となる事があります。

 

脊柱管狭窄症の保存療法

薬物療法(外用薬、内服薬、注射)や物理療法(温熱治療、電気治療)、運動療法などがあります。脊柱管は腰が反ってしまうと狭くなりやすい為、運動療法では主に姿勢の改善や体幹部の筋力強化、ストレッチなどを行う事で症状の改善を目指します。
 
 
 
 

脊柱管狭窄症の手術療法

保存療法で改善が見られない場合や、痛み・しびれが強く日常生活に支障を来たす場合、膀胱直腸障害(尿もれ、残尿感、尿意便意を感じない)を認める場合には手術が必要です。手術には除圧術と固定術の大きく二つに分類されます。
 

除圧術

背骨後方にある椎弓、靭帯の一部を部分的に取り除き神経の圧迫を減らします。
入院期間は約1週間、術後1ヶ月はコルセットを着用しての生活が必要になります。
 

固定術

固定術では神経の圧迫を軽減するだけでなく、脊椎の安定化を図るためにスクリューでの固定を行います。入院期間は約2週間、術後3ヶ月はコルセットを着用しての生活が必要になります。

 

         手術前        手術後